ラッカー塗料による落書きの落とし方

一時期スプレー塗料による落書きを消す仕事をしていたことがありその時に学んだノウハウのお話です。まず、落書きをされている場所が、コンクリートの場合、ラッカースプレーが表面だけにとどまっている場合は、アルカリ性の強力な洗剤を使用することでラッカーを落とすことが可能です。もちろん水圧で落とすことも可能ですが、水圧は残念ながら塗料の様に粘着して引っ付くものに使用できるのは乾く前でないといけないのでラッカー塗料ではなく水性タイプのラッカーの他、エナメル、アクリル塗料にのみ使用できる方法です。乾いてしまってこびりついているものについては削り落とすしか方法が無くグラインダーを使用して壁を削る処置をするしかないのです。これが普通の壁などですとさらに大変で、壁の場合下地を露出させて下地を再度作り再度塗り直しになることも多く、削り落とすことができない壁もあるというお話です。壁自体は塗料が定着しやすい状況下にあるためこのような塗料が完全に乾くと削るか、溶剤で溶かすしかないのですが、溶かすとなると下地を侵食してしまうためあえて下地を剥がして作り直すということです。その為、ラッカーの落書きを落とすというよりは削り落とすと表現した方が分かりやすく、労力がいる作業をしないといけないというお話です。その為、落書きをされると中々消さないのはその為で、消さないのではなく消せないというのが正しい表現になります。