お風呂の水垢を落とすコツ

お風呂場は洗剤や髪の毛など、いろんな汚れがたまりやすい箇所です。でも毎日リラックスして入浴するためにも、できるだけ清潔さを保ちたいですよね。
なかなか落ちない汚れに、水垢があります。蛇口や浴槽についている白っぽい汚れが、水垢です。水道水のなかには、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分が入っています。水分が蒸発したあとにはミネラル成分が残り、水垢として付着してしまうのです。
水垢汚れはアルカリ性なので、落とそうと思ったら、酸性の洗剤を使って中和することが効果的です。お風呂汚れで手軽に使える酸性のアイテムには、クエン酸があります。クエン酸がなければお酢でもいいのですが、臭いがこもりやすいので、換気扇を回すといいですね。
水100mlに対して、クエン酸小さじ2分の1を加えてよく混ぜます。スプレーボトルに入れると便利です。水垢が気になる部分にキッチンペーパーを置き、上からクエン酸スプレーをたっぷりと吹き付けて、30分程度置いておきます。その後、スポンジでこすってから水分を拭きとれば、きれいに汚れが落ちます。
水垢汚れは放っておくと目立つので、早めに掃除しておきましょう。