お風呂汚れには重曹とクエン酸が必要不可欠

お風呂は毎日疲れた身体を癒してくれる場所なので、ここが汚れていたらそれだけで気分が落ち込んでしまいます。そこでお風呂掃除はこまめにしています。お風呂の汚れで多いのが、カビやヌメリ、そして水垢や皮脂の汚れです。これらの汚れがお風呂場では発生しやすいので、こまめに掃除をしないとすぐにお風呂は汚れていってしまいます。お風呂掃除の際に必ず用意するものとしては、重曹とクエン酸です。この2つがお風呂には欠かすことのできないものです。重曹やアルカリ性でクエン酸は酸性となります。これらを上手に使用して酸性の汚れ、アルカリ性の汚れを落としていきます。例えば酸性の皮脂の汚れに対してはアルカリ性の重曹が役立ちます。またアルカリ性の汚れである水垢に対しては酸性のクエン酸が有効となります。また酸性の洗剤には除菌力がありますので、カビにも有効です。以上のようにお風呂の掃除は、水洗いだけでは綺麗にはならずに重曹とクエン酸を上手に活用しています。