お風呂掃除はカビ退治と体力勝負

お風呂場は年に数回ガッツリ掃除をして、後は定期的に燻煙剤に頼っているのですが、年末と言うことで念入りにお風呂掃除をしました。
まず天井からです。
いつもは棒に雑巾をつけて簡単に拭くのですが、今回は脚立を持ち運んで、拭き掃除をしました。下から見ているだけではわからなかった汚れが雑巾に付着して恐ろしくなるほどでした。水拭きだけでは無理そうだったので、メガネとマスクとヘッドキャップを装着し、雑巾にカビキラーを吹きかけて、改めて雑巾掛けしました。
残念ながら雑巾はドロドロに。すごい汚れです。
次は浴室の鏡。我が家では頻繁に鏡が汚れるので色々と試してみているのですが、今回はまず100円均一で買ってきた「鏡用シート」で拭いてみました。ある程度は綺麗になったのですが、鏡を水洗いした後に水分を拭き取ってみるとまだ曇りや汚れが残ってしまいました。
そこで熱めのシャワーをかけながらメラミンスポンジで丁寧に磨いてみたらいい感じに汚れ曇りが落ち、後一歩の所までたどり着きました。
そこで新しい雑巾にカビキラーを付けて鏡と壁面を拭き、洗い流さないまま、床と浴槽にも全面にカビキラーを流して1時間放置することにしました。
1時間後、すべての塩素を流し切り、水分を拭き取ると、綺麗になった浴室が完成しました。
これで、カビの心配も無く安心してお風呂に入れます。
家族が多いと、綺麗なままお風呂場を維持するのは不可能なので、ついついカビキラーに頼りがちです。しかし今後は、天然素材のモノも試してみようと思っています。