トイレは温水洗浄便座までしっかり掃除

トイレの温水洗浄便座は水を使う家電のため水垢などの汚れが溜まりやすい部分です。普段の掃除では便座や便器を掃除をすることはあっても、温水洗浄便座自体の掃除をする機会はあまりありません。
掃除をする時にはまずコンセントを抜いて、便座から本体を取り外します。ずらしてみるとよく分かりますが、便座との微妙な空間に埃や水垢などがよく溜まります。その部分を拭き掃除をして最後にアルコールで拭きあげます。こびりついてしまって落ちない汚れは、目の細かいサンドペーパーで優しく擦ると取りやすいです。無理にごしごしと擦ると便座自体に傷が出来て汚れが溜まりやすくなるので要注意です。
便座側を掃除したら次は温水洗浄便座の本体を掃除します。設置面は汚れが付着しやすく盲点な部分です。ほとんどが水垢なのですがプラスティックなどの素材は擦りすぎると傷が付きやすいので、スクレーバーのような平面で固い素材の道具でこそぎ落とすようにお手入れをします。
温水洗浄便座ははずしてまで掃除するのは少し手間にも感じますが、一度やってみるとそれほど難しくもなく慣れたら5分程度で終わります。月に1回、月末など日を決めて、はずして掃除をするのも習慣にしてしまえば続けやすくキレイをキープできるようになります。掃除をすることで本体の持ちも良くなりますね。