換気扇の油汚れはアルカリ性の洗剤で油を柔らかくしてから掃除

換気扇は毎日使うので汚れもそれだけ早く汚れていきます。こまめに換気扇を掃除しないと頑固な汚れがこびりついてしまって中々落とすのに一苦労します。特に油汚れが酷くなると水拭きをしただけでは落とすのは難しくなります。油汚れには水拭きではなく、まずは油を柔らかくすることから始めていきます。油を柔らかくするにはアルカリ性の洗剤を使用しています。それは油汚れは酸性の汚れのため、アルカリ性の洗剤によって中和できるからです。それによって油が柔らかくなるので、掃除がしやすくなります。そして、大きなバケツを用意してそこにお湯とアルカリ性の洗剤を入れてしばらく換気扇を入れておきます。そうすると油が浮いてくるので、汚れが落ちやすくなります。換気扇のファンの部分は、使わなくなった歯ブラシを使ってゴシゴシしています。歯ブラシのような小さいブラシの方が細かな部分まで磨く落とせるので重宝しています。一通り綺麗にしたら後は水洗いをしてよく乾燥させてから換気扇を取り付けるようにしています。